BLUETRIP / GAME / アクションADV Apex Construct

20180514

Apex Construct

Apex Construct

セールでなんとなく購入したゲームがなかなか良かったので久々にゲーム記事。

ゲーム内容

Apex Constructで荒廃した未来へと旅立とう。ここは人類の愚かな実験の結果、無感情なロボットが支配するようになった世界。新たな戦場で敵を狩り尽くそうとする合成生命体から、頭脳と戦闘能力だけを武器に生き残れ。VR専用に制作された独特の雰囲気が魅力の一人称視点アクション/アドベンチャーゲームで、人類の命運を一身に背負う「最後の生き残り」を体験しよう。

引き裂かれた世界を探検
人類滅亡後の、美しくも危険な世界に足を踏み入れよう。ここでは2つの強大なAIが覇権を求めて終わりのない戦いを続けている。たった1人生き残った人間として、この世界の隠されたエリアを発見し、魅力的なパズルを解くうちに、生物のほとんどが死滅した理由が少しずつ明らかになっていく。

弓と盾が生み出す流れるような技
自由度の高い武器システムを自在に操り、使いこなせ。謎めいた存在「マザー」によって創造された無数の人工生命軍と対峙するには、比類のない正確な技が必要だ。

奥の深い体験を味わい尽くせ
カスタマイズ可能な自分の基地からは、完了したミッションをどれでもリプレイできる。まだ行ったことのない道を進んだり、手に入れた素材で武器や装備を強化したり、苦労して手に入れた実績を他の冒険者に自慢したりと、楽しみはどこまでも広がる。

Apex Constructでは、自分にとって最高のゲームプレイ体験を設定できる。移動オプションはシームレスな瞬間移動から直接移動まで様々な種類があり、モーションコントローラーを使った滑らかな転回も使用できる。

(※公式から引用)

人類が自分たちの作ったロボットによって支配されてしまった世界で、ただ一人生き残った主人公がロボットと戦いながら謎を解き明かしていくようなお話。

ありがちなストーリーですがこういうのは大好物です。

ゲーム内容としてはアクションADVゲームで、類似作品を挙げるとするとアリゾナサンシャインやVertigoなどでしょうか。
この二つよりも戦闘要素は控えめで、探索要素が強くなっている感じです。
あと、ホラー要素もほぼありません。人によってはちょっとびっくりするぐらいならあるかも。

世界観

スクリーンショット
スクリーンショット
スクリーンショット
スクリーンショット

未来感ある施設と廃墟感が交じり合った素敵な世界観。

CYGNIA

スクリーンショット
スクリーンショット

ゲーム中いたるところで見かけるCYGNIAという企業ロゴ。
この企業の実験が原因でこのような状況になってしまったようです。
たぶんPortalでいうところのアパチャーサイエンス社のような感じ。
従業員なのか研究員なのかわかりませんが、ここに居た人たちが残していった手がかりを元に何が起こったかを調査していきます。

セーフハウス

スクリーンショット
スクリーンショット
スクリーンショット
スクリーンショット

主人公のセーフハウス。
ここを拠点にして、ミッションを選択するような形でマップの探索に出かけます。
天井は崩壊で吹き抜けになってしまって滝が流れてる。

スクリーンショット

壁の落書き。
説明されなくても一目で主人公が置かれている状況がわかるような演出は良いな~と思います。

スクリーンショット

便器。
ゲーム内のオブジェクトは、引き出しや扉などはもちろん便器の蓋・蛇口・ハンドドライヤーなど、意味はないけどいろんなものが触れるので、最初はそれだけで結構楽しめます。

戦闘に関して

スクリーンショット

武具は弓矢とトリガーを押したときに出現するシールドのみですが、矢の種類に関しては3種類あり、ミッションをこなしていくことでアンロックされていきます。
また、敵を倒したときに手に入るポイントを消費してアップグレードすることができます。
電気の矢を発射して機械に電流を流したり…といった、矢の種類によって発動するギミックがあったりもします。

英語での攻略に関して

スクリーンショット

ゲーム内ではこの古臭いデバイスがいたるところに存在します。
実際にこのキーボードでDosコマンドを入力して、過去のやり取りを参照したり、ヒントを得たりしてゲームを進めていきます。

今のところ日本語には対応していません。
文量はそこまでではないですががっつり英語のテキストが出てきたり、何かを発見したときに主人公が英語で喋るので、ヒントをかなり見落としている可能性がありますが英語ができなくてもなんとか進めています。

最後までクリアしたので追記

一応最後まで行けたのでそれを含めての感想です。
クリアまでの総プレイ時間は8時間でした。
探索要素ですが、基本「パスワードを探す」「デバイスにパスワードを入力」「扉が開く」というギミックの繰り返しなので、ストーリーや続きのマップが気になる!といったモチベーションを持てないと人によってはギミックが苦痛になってしまうかもしれません。
全部同じギミックというわけではないのですが、7割ぐらいはそんな感じ。

あとはネタバレになるので言えませんが、ラストがちょっと拍子抜け。
シークレット要素を全部解放してないのでまだ何かやり残してるのかもしれません。うーん

まとめ

そんな感じでApex Construct紹介記事でした。
多分SF好きな人ならビビっと来るんじゃないかと思ってます。
この記事を書いている現在では日本語のレビューは無かったのですが世界感が好きならオススメなゲームでした!

Apex Construct