BLUETRIP / GAME / RawDataゲームレビュー

20161204

BlueEffectVR
  • タイトル:Raw Data
  • ジャンル:FPS、アクション
  • 配信形態:アーリーアクセス
  • 値段:3,980円

  • 演出面4
  • ホラー要素2
  • 運動量3
  • リピート要素5
  • 総合おすすめ度4

ゲーム内容

未来の日本を舞台にしたサイバーなガンシューティング。
演出面やゲーム性、グラフィックなど、現在Steamに並んでいるVRタイトルの中では完成度が1つ2つ上回っています。
売上自体もかなり行ったみたいで、HTCViveでは鉄板ゲームとなりつつあるよう。

基本的には銃を撃ったりカタナを振り回して戦うアクションゲームです。

コントローラーのパッドを押してテレポートし、動き回って敵を倒します。

自分のオブジェクトを守るのが目的で、自分のキャラが死んでもなんども復活できますが、オブジェクトを破壊されると失敗となります。

プレイヤーが選択できるキャラは現在3種類いて、それぞれのキャラが違った武器を装備しています。(現在ではハンドガン・カタナ・ショットガン)の三種類。

弾丸のリロードの方法など、武器によって違ったギミックがあります。

各キャラクターには固有のスキルがあり、ステージクリアで解放していくなどのやりこみ要素もあります。

良かった点

このゲームにはCOOP(協力プレイ)があり、オンライン上のプレイヤーと協力して進めることができます。

むしろCOOPを前提とした難易度っぽくもあり、COOPがあまり好きでない人にとってはマイナスポイントかもしれません。

ロビーに行くとよく喋る中国人が多い印象・・・

とにかくVRを駆使したギミックをふんだんに実装していて、動き回って忙しいけど楽しい!
物陰から射撃したり、索敵レーザーの包囲網をしゃがんで避けたりなどなど、毎回アプデのたびにあたらしい要素が追加されていて驚かされます。

残念な点

非常に重いゲームです。
GTX970や980などのギリギリスペックではエフェクトを落としてもキツイところがあるかもしれません。
また、GTX1080のグラボ固有のバグがあるらしく、私もこのグラボを使用しているのですがかなり落ちます。
COOP中に問答無用で落ちたりするので、さすがにイライラします!
結構クリティカルなバグなので早い所解決するといいですね。

あとはsaijaというカタナを使うキャラクターがいるのですが、Viveコントローラーを振り回す必要があるため、現実の家具をコントローラーで叩いて破損させる恐れがあります。
ルームスケールをきっちり用意しないと厳しめなゲーム。

RawData